asaのブログ

プログラミングの勉強まとめ

入門Qt4プログラミングを読む1

 『入門Qt4プログラミング』を終わらせて次の本なり文献なりに移りたいと思います。かといって流し読みしただけでは大事な点を取りこぼしてしまうこともあるのでざっくり役に立つようにまとめていこう思います。

 

 序文ではQtがどのようなライブラリかを解説しています。ここで気に留めておきたいのはQtのコミュニティが紹介されている点です。

 まずQtの公式サイトのトップページはこちらです。

www.qt.io

 こちらをざっと見ていきましょう。Qtの使用例が最初に紹介されています。

www.qt.io

 全て紹介できませんが、グラフィック周りについては少し調べて見ました。

 

1. Randeon Software Crimson Edtion

  これが一体なんなのかさっぱりわかりませんでした。調べたところAMDが自社のチップセット用に開発したドライバやAPIの総称を言うようです。これまで.NETで開発されていた同製品をQtに変更。起動時間を大幅に縮小することができたということです。

 グラフィックスドライバについてはこちらの記事は参考になりました。AMDのエンジニアとの対談記事です。

4Gamer.net ― 一問一答「ATI Catalyst」。AMDのドライバ担当者にいろいろ聞いてみた

 ちなみにこちらのATI CatalystはRandeon Softwareの前身に当たるソフトです。グラフィック大手のAMDはゲーム市場に力を入れているようです。また、OpenCLなどのGPGPU技術をが盛んな印象もあります。

 他の記事については下を参考にしてください。

Radeon Software[HARDWARE] - 4Gamer.net

Devgurus | Community

 

 2. Formlabs

 3Dプリンタの製造メーカーです。同社ではマルチプラットフォームOpenGLC++が使えるという理由からQtを採用しています。

 Form 2 | Formlabs

 

 3. EyeTech

 視線をトラッキングするシステムを作っている会社です。ここではマルチプラットフォームに対応しているという点からQtを採用しました。

 Qt - Case EyeTech Digital Systems

 

 4. eyeMaps

 カメラに映った山などを3Dモデル化。山の情報などを表示することができるかなり革新的なソフトです。こちらもQtで作成されています。

 Built with Qt | eyeMaps | 3D augmented reality app

 

 あとはQtの開発者フォーラムも見ておきたいです。特に質問がなくても自分が知らなかったことを話しているとなんだろうと考えるきっかけになります

 Home | Qt Forum

 最後に見て欲しいのはQtのドキュメントです。QtCreaterを使うとf1でドキュメントをかなり読むことができますが、時間があるときに網羅的に読むならこちらが良いです。

 Qt Documentation

 

 序文の中身で大事なのは上の通りです。次回は目次から本の内容を俯瞰してコード例を打ち込みながら本を完了させていきたいと思います。