asaのブログ

プログラミングの勉強まとめ

Macでの開発環境の構築(C++、Java)

 パソコンをWindowsからMacへと切り替えました。周りにユーザーが多かったので買い替えました。愛用のLet's Noteはクリーンインストールして後輩にあげることにしました。ありがとうLet's Note !

 

 そういうわけで今回Macで開発環境をいくつか整えてみましたので、参考までにメモっておきます。

 

 開発環境

 差し当たり必要な環境は下の通りでした。

 1. C++

 2. Java

 3. Qt

 4. R

あと学習がこれ1台で済むようにしたかったので

 5. ネット環境の整備

 6. Kindle

これまで10年以上前のパソコンを使用していたので出来ませんでしたが、叔父が3Dプリンタを買う(!)ということで、勉強用に3Dソフトを入れることにしました。

 7. Blender

 

 構築

 C++JavaにもいくつかのIDEの候補があります。今回はC++をXcoder、JavaNetbeansで構築することにしました。NetbeansJDKのインストールを要求されるので、先に最新のJDKをインストールしておくと良いです。

 Qtはオンラインインストラーを使用するとエラーが発生したのでオフラインインストラーをダウンロードしました(Qt - Download Open Source Step 3)。ちなみにQtのインストールにはXcoderがインストールされている必要があります。先にインストールしておきましょう。

 本や論文を読んでいてこの計算どうするんだろうって時に役に立つのがRです。統計用の言語でがっつりオブジェクト指向なのでJavaC++ユーザーには親しみやすい気がします。こちらから(R for Mac OS X)。

 今まで携帯のデザリングで凌いで来ましたがもはや限界と思いWiMaxを導入しました。あっちの本を持って来て、こっちの本を持って来てといったのが煩わしいのでこまめに必要になる本についてはKindleで揃えることにしました。

 せっかくOpenGLとかを勉強していることもあって3Dを初めて見ることにしました。Shaderにするか考えましたが、勉強用に無料のBlenderを導入しました。

 

 

 以上MacC++Java、etc...の環境構築でした!