asaのブログ

プログラミングの勉強まとめ

Qtチュートリアル2(MainWindow、QMenu)

 簡単なテキストボックスを作って、メインウィンドウの使い方とメニューバーの作り方を学習します。

 

 textBox.h

 QMainWindowの派生クラスとしてtextBoxクラスを定義します。テキストボックスの作りは簡単でセントラルウィジェットにテキストを入力するウィジェットが配置され、上部にメニューがあるというものです。メニューにはFileメニューが1個存在して、SaveとOpenの項目があります。

 

f:id:asa_r:20170626153751p:plain

 

 コンストラクタ、スロット、アクション、ウィジェットを宣言しています。

gist401e4547d865c7492cb9c756b17c9518

 

 textBox.cpp

 ヘッダーファイルに従ってコンストラクタやアクション、スロットを定義していきます。あるウィジェットをセントラルウィジェットに貼り付けるには、setCentralWidgetメソッドを使用します。

 

 メニューバ-の作成は、QMenuオブジェクトにまず空のメニューバーを追加します。空のメニューバーを取得するには、menuBarメソッドを使います。”File”という項目を追加したい場合、ここからさらにaddMenuメソッドを呼び出して追加します。

 

 Fileに対してOpenやSaveなどを追加するときは、addActionで順次追加していきます。

gist062d7006b2c026925b046c7d000db216

 

 main.cpp

 実行用のメイン関数です。

gist8c0f850c26eab93efd875dbe01f91ba9