asaのブログ

プログラミングの勉強まとめ

Qt5.9の環境構築(Visual Studio2017)

 C++GUIを開発するためにQtを導入しました。やや面倒な点があったので覚えているうちにメモしておきます。

 

 筆者の環境

 ・Windows7 pro sp1

 ・Visual Studio2017

 

 必要なもの

 ・Windows SDK

 ・Qt5.9のインストラー

 

 Windows SDKのインストー

 こちらからWindowsSDKをダウンロードします。

 Windows Driver Kit (WDK) と関連ツールのダウンロード - Windows 10 ハードウェア デベロッパー センター

 

 インストーラーがダウンロードされるので開いて実行します。

 下のリンクを参考にして

 Qt + MSVC でビルドする時にQt Creator のデバッガを使う方法

ファイルのダウンロードだけを行います。ダウンロードが完了したらそのままインストールします。

 

 Qtのインストー

 Qt公式サイトからQtのインストーラーをダウンロードします。筆者の回線は貧弱なので、オフラインファイルをダウンロードしてから実行しました。

 Qt - Download Open Source Step 3

 

 インストールの途中コンポーネントの選択を迫られると思いますが、今回はデフォルト+msvc2015だけを選択してインストールしました。

 

 インストールが完了したら、下のリンクを参考にコンパイラーを選択します。

 How to use Qt with Visual Studio 2017? | Qt Forum

 

 これで実行可能です。

 

 HelloWorld

 QtCreaterを開いて、新しいプロジェクトからQtウィジェットアプリケーションを選択します。適当にHelloWorldと名前をつけて次へ。キットは先ほど登録したものが反映されていると思うのでそのまま次へ。

 

 クラス名をHelloWorldにして、後基底クラスは何でもいいです。プロジェクトが立ち上がったら、main以外の余計なファイルを削除して、次のコードを貼り付けます。

gist0173e6849ae65d4ba473682a6be8d43d

 

 小さいですけど表示されれば成功です。