asaのブログ

プログラミングの勉強まとめ

Krita(オープンソースペイントソフト)開発に参加してみる

 ある記事でペイントソフトを作ろうとした人が、一番手っ取り早い方法として既存のオープンソースプロジェクトに参加するのが良策だと答えていました。Kritaはオープンソースによって開発されているペイントソフトで一応誰でも参加できます。ハードル高めですがやってみます。 

 

 Krita

https://krita.org/wp-content/uploads/2016/04/krita-30-screenshot.jpg

 

 ちなみにその記事はこちらです↓

libregraphicsworld.org

 

 About Krita

 下のKritaのホームページから開発者向けの情報を得ることができます。KritaはQtとC++をベースにして書かれています。Javaをやっていてポインターなどの概念が未だ定着していない人(自分ですね)向けにもリファレンスが提供されていてかなり充実しています。

krita.org

 

 Githubが開発に良く使われていますが、KritaはKDEのPhablicatorを使用しています。Kritaのページに飛ぶと開発状況が確認できます(↓のページ)。

 https://phabricator.kde.org/source/krita/

開発者がどのように開発環境を構築して、どのようにContributeするかはWikiにまとめられています。

 https://community.kde.org/Krita

 

 やることとしてまとめおくと次のようになります。

  1.  Qtのインストー
  2.  リファレンスをつまみ読みしてKritaのビルドだけしておく
  3.  C++関係のリファレンスを読む
  4.  KDEのリファレンスを順番に追っていく
  5.  他のディベロッパーガイド等を読んでおく
  6.  バグにトライ

のような感じでやっていきます。