asaのブログ

プログラミングの勉強まとめ

書籍管理システムの作成2

 前回の続きです。書籍管理システムの検索システムと、全データ表示を取り扱います。

 

 検索システム

 タイトル検索を実装しました。検索用語が含まれるタイトルを探すためには、SQL文のLIKEに続けて”%検索用語%”としてやる必要があります。検索用語はindexページでPOSTされた値を使いたいので、今回は"searcher"として取得しました。

 

 結果セットが返ってくると、それをnext()でfalse返るまで回して検索結果を表示します。

gist25389bb08ecf0b6fafc7c1dbad52a7f4

 

 全データ表示

 全データ表示は、検索システムとほとんど変わりありません。クエリが全てのデータを取得するように発行されているだけです。

gist1acf3700cbd9690c4cc24e0325843b76

 実際に作ったデータが返ってくると面白いですね(^ ^)